軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

年始は冬のシュタイネから。
at 2017-12-30 17:59
冬のショールームオープン日に..
at 2017-11-21 23:20
ショールームのご案内。
at 2017-05-18 11:45

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 07月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

カテゴリ:身辺雑記。( 76 )

睦月。

あけましておめでとうございます。


本日より始まった『つくえの上の小さなモノ』、
シュタイネさんにおじゃましてきました。
神々しい北アルプスの眺め、人との出会い、睦びの月を実感しました。


想いをひとつずつカタチにしていけるよう・・・
新たなエネルギーを貰い、そんな一年にしたいと感じた一日です。

e0198187_20212917.jpg
有明山のふもとから見た夕景。
[PR]
by moto-fuji | 2014-01-03 20:58 | 身辺雑記。

師走の空。

毎日がめまぐるしく過ぎて、
ひとつひとつの出来事をしっかり自分のことと捉えられないような感覚のまま
12月も折り返しをむかえてしまいました。

週末2日間は来春のイベントの打ち合わせなどで東京へ出かけ、
駅や街いたる所で師走の東京の人、人、人、モノ、モノ、モノ、音、音、音・・・
に翻弄されてきました。

今日は朝からある県内誌の取材があり、一息ついて午後は制作をしてみたものの
昨日の東京と今日の軽井沢のギャップの中で、どうも一日ふわふわしています。

いつもは眺めるだけでほっとできる空も、今日はもう捉えようがなく
なんとなく師走の慌しさを感じずにはいられませんでした。

今晩は早めに休み、上手にリセットしたいところです。

e0198187_1753256.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2013-12-16 18:49 | 身辺雑記。

突如として。

11月、
たくさんのモノと人との出会いに恵まれ
忙しくも楽しくすぎていきました。


時間をかけても決まらなかったことが、
先日、突如として『これでよし!』と決定しました。

ロゴ。

今の心持とかひっくるめて、そだてていけたらと思います。

e0198187_1635223.jpg

12月も頑張ります。
[PR]
by moto-fuji | 2013-11-30 17:04 | 身辺雑記。

プチトリップ。

ドイツ博物館のガラス工房から久々の便り。

師匠たちがそれぞれ、おじいちゃんになった!とかパパになった!
とかいうから、わっとなって電話をかけてみた。
案の定、みんな孫や娘に完全に狂っているらしい(笑)

嬉しい知らせ、懐かしい声。
一瞬にして心と頭をドイツへ誘ってくれます。

e0198187_1871121.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2013-11-19 18:52 | 身辺雑記。

ぶらり。

11月、霜が降り空気もすっかり冬のにおいです。
今日はあまりによい天気だったのでいつもより早い時間に歩いてきました。


e0198187_1841851.jpg



e0198187_18434220.jpg



e0198187_1852953.jpg


こういう軽井沢もあるんです。
[PR]
by moto-fuji | 2013-11-06 19:02 | 身辺雑記。

一歩。

マホガニー材のアンティークキャビネットが届きました。

これまで漠然と妄想していたある計画をすすめるための一歩として、
清水の舞台から飛び降りおりるような気持ちで購入しました。
いや~、久々にドキドキした(笑)

妄想先行型でやりたい事はむくむく膨らんできますが、足元をみつつ…
もう少し具体化したら改めてお知らせします!

e0198187_13115297.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2013-08-19 09:23 | 身辺雑記。

田舎。

お盆くらいはご先祖様にご挨拶を、
と実家のある佐久へお墓参りにでかけました。

趣のあった橋が架け替えられたり、急坂の勾配が緩くなったり程度の変化で、
家からお寺までの景色は子供の頃からほぼ変わっていません。

この道が旧中仙道だったこともあり、
人が集まる場所の物事の変化とか、速度とか、感じずにはいられませんでした。
今夜は夏祭で、年に一度、町が賑わう様子が目に浮かびます。

軽井沢から車で40分ほどの距離ですが
田舎がある嬉しさってこういうことかもしれないなぁ、
とか思います。

e0198187_1137067.jpg
e0198187_11372995.jpg
e0198187_11374377.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2013-08-15 16:25 | 身辺雑記。

回想談。

ペンの修理をすると、ドイツの工房で見習いをしていた頃のある出来事を思い出します。
当時はペンを作る技術もまだまだで、お掃除したり店番をしながら師匠の仕事にただただ
憧れる日々。
ある日、工房にお母さんと7歳くらいの少年が先の折れたガラスペンの修理にやってきました。
朝一番だったので、工房には私一人…ど~しよ~。

母「息子が気に入っていたペンが折れちゃったの、直せる?」
私「あと一時間したらマイスターが来るので修理できます。」
母「とにかく時間がなくて、今すぐに修理してほしい。」
私「私は見習い中なので、うまく修理できません。」
母「見習い中のあなたでもいいから、とにかく折れた部分をくっつけて。」
私「仮にくっつけても、うまく書けないと思うから…」
母「それでもいいから、くっつけて。」

そんなやり取りをして、仕方なしに折れた部分を熔かしつけました。
くっついたガラスペンを見てお母さんの方は喜んでくれたけれど、
家に帰ってそれを使った少年はさぞやがっかりしただろうな。
今なら…。

訳あって、ここひと月近く火を使って仕事ができずにおりました。
しばらくバーナーでの仕事からはなれて、久しぶりに燃料のコックを開け火を点けるときは
ちょっと緊張しましたが、いざ始めてみるといつも通りに手が動きました。
まだまだだけど、少しは仕事が自分の身体に染みている様なその感覚がうれしく、
それだけに、今なら、という思いがよぎります。

e0198187_1729237.jpg
懐かしの修業時代…7年経ちました。

書き心地の良さを愉しみ、永く使っていただける一本をお届けできるよう精進します。
注文をいただき、お待たせしているガラスペンも週明けより順次発送します。
[PR]
by moto-fuji | 2013-07-26 17:47 | 身辺雑記。

てとひのお知らせ。

都合により、本日より7月上旬までの間
メール、FAX、電話でのお問い合わせ・ご質問等に応対することができません。

数日間ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

e0198187_2065465.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2013-06-25 07:00 | 身辺雑記。

緑の風情。

e0198187_102487.jpg

雨の季節、北側の庭は瑞々しく生気にあふれていて
視界に人工物がない、という贅沢がすぐそばにあることのありがたみを一層感じます。

一日仕事場にこもったあと、ここに立つと心身がほぐされます。
[PR]
by moto-fuji | 2013-06-13 18:33 | 身辺雑記。