軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新の記事

年始は冬のシュタイネから。
at 2017-12-30 17:59
冬のショールームオープン日に..
at 2017-11-21 23:20
ショールームのご案内。
at 2017-05-18 11:45

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 07月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

<   2014年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

週末につくったもの。

週末は制作をちょっとお休みしまして、道路に面した場所に壁づくり。
塗ったり、切ったり、たたいたり、
よいリフレッシュとなりました!

e0198187_18575384.jpge0198187_18575603.jpge0198187_18575829.jpg















































工房の目印となるものが何もない状態が続いていましたが、
ささやかな看板でもつけてみよう・・・という気になってきました。
ショールームオープンも近づいてきた!?

[PR]
by moto-fuji | 2014-08-25 19:17 | つくること。

美しき家内制手工業。

今日は打ち合わせのため、伊那市へ出かけてきました。

車で2時間ちょっとの距離ですが、そのまま帰るもの・・・と思っていたところ、
偶然にも伊那にある美しいノートの美篶堂さんの工房で製品を購入できることを
知りました。

目的地への地図を眺めながら、その印象的な名称が土地名に由来している事が
妙に清々しく感じて、わくわくしながら車を走らせます。
伊那谷の東側、明るい田園が広がる台地に工房はありました。

e0198187_23105658.jpg


工房内には何人もの職人さんが黙々と、でも明るく仕事をしていました。
机に山積みの材料、人の手から手へ流れ、確実に完成へ近づいていくモノたち。

こういう景色を見たのはラウシャのガラス工房以来です!
中学の頃に教科書に載っていた『家内制手工業』の挿絵の情景が目の前に表れ、
一瞬で前頭葉のあたりが熱くなり、その雰囲気に魅了されていました!

e0198187_23121086.jpg
ちなみに2種類の紙質があり、いずれもガラスペンとの触感・インクの表情が楽しめます。
帰宅して一息ついた今も、手もとにやってきた冊子たちが一層愛しく感じられます。
毎日ぶっ通しで制作していた日々に、思いがけず少しの夏休みをもらえたような充足感!
素敵な時間をありがとうございました。


追伸:週末にはワークショップも行うとのとこ。
   きっときっと、素敵な時間がすごせると思いますよ!
[PR]
by moto-fuji | 2014-08-20 00:37 | 身辺雑記。

8月。

またカレンダーをひとめくり。
おかげさまで、先月も色々な場所へガラスペンを送り出す事ができました!


昨年の今頃は入院で体力が落ち、全くガラスどころではなかったのですが、
制作を再開した秋以降、本当にたくさんの素敵な出会いや縁に恵まれ続けて
突っ走り続けている感覚です。
暑さには弱いし、息抜きは上手いほうではありませんが、
ふと昨夏のことが頭をよぎると、すーっと気持ちが好転する瞬間があります。
ガラスペンを待ってくださっている方々の顔をを思いながら仕事ができるのが
単純にありがたいな~、と。


今月も仕事場にこもる時間が長くなりそうですが、暑さに負けずがんばります。

標高1000m、8月といえど朝晩はさわやか・・・。
e0198187_2026343.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2014-08-01 21:26 | 身辺雑記。