軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新の記事

年始は冬のシュタイネから。
at 2017-12-30 17:59
冬のショールームオープン日に..
at 2017-11-21 23:20
ショールームのご案内。
at 2017-05-18 11:45

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 05月
2017年 01月
2016年 07月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

タグ:ガラスペン ( 49 ) タグの人気記事

回想談。

ペンの修理をすると、ドイツの工房で見習いをしていた頃のある出来事を思い出します。
当時はペンを作る技術もまだまだで、お掃除したり店番をしながら師匠の仕事にただただ
憧れる日々。
ある日、工房にお母さんと7歳くらいの少年が先の折れたガラスペンの修理にやってきました。
朝一番だったので、工房には私一人…ど~しよ~。

母「息子が気に入っていたペンが折れちゃったの、直せる?」
私「あと一時間したらマイスターが来るので修理できます。」
母「とにかく時間がなくて、今すぐに修理してほしい。」
私「私は見習い中なので、うまく修理できません。」
母「見習い中のあなたでもいいから、とにかく折れた部分をくっつけて。」
私「仮にくっつけても、うまく書けないと思うから…」
母「それでもいいから、くっつけて。」

そんなやり取りをして、仕方なしに折れた部分を熔かしつけました。
くっついたガラスペンを見てお母さんの方は喜んでくれたけれど、
家に帰ってそれを使った少年はさぞやがっかりしただろうな。
今なら…。

訳あって、ここひと月近く火を使って仕事ができずにおりました。
しばらくバーナーでの仕事からはなれて、久しぶりに燃料のコックを開け火を点けるときは
ちょっと緊張しましたが、いざ始めてみるといつも通りに手が動きました。
まだまだだけど、少しは仕事が自分の身体に染みている様なその感覚がうれしく、
それだけに、今なら、という思いがよぎります。

e0198187_1729237.jpg
懐かしの修業時代…7年経ちました。

書き心地の良さを愉しみ、永く使っていただける一本をお届けできるよう精進します。
注文をいただき、お待たせしているガラスペンも週明けより順次発送します。
[PR]
by moto-fuji | 2013-07-26 17:47 | 身辺雑記。

三条クラフトフェア。

初めての「クラフトフェア」参加が3年前の三条クラフトフェア。
多くの方に自分の作ったものを見てもらい、直接感想をもらえることの喜びと
色々な感性でものづくりに携わる作家さんからたくさんの刺激を受ける空間に
感激したのを覚えています。

おかげさまで、今年もたくさんの出会い、再会に恵まれてホントに楽しい時間を
過ごすことができました!
会場まで足を運んでくださった方、温かくサポートしてくださるスタッフの方々、
皆さんに感謝です。

e0198187_19114160.jpge0198187_1910448.jpg

炒りたての豆で淹れたキンキンに冷えたカフェラテの差し入れ、沁みました…
また来年も三条で皆さまに出会えるといいな。
2日間、ありがとうございました!!
[PR]
by moto-fuji | 2013-06-24 19:25 | 展示とお知らせ。

6月の予定。

切ったり、塗ったり、掘ったり、埋めたり、耕したり、播いたり…
先月はずいぶんと庭仕事に時間を費やして過ごしていました。
雑草だらけの空き地が3年越しでようやく少し庭らしい様子になり、
野菜やハーブ類など植物の成長が日々楽しみなこの頃です。

今月は三度目の出展となる、三条クラフトフェアへ。
■6/22-23 三条クラフトフェア

以前お買い上げいただいたペンのメンテナンス等、直接ご相談も承ります。
今回もたくさんの方とお目にかかれること、いまから楽しみにしています。



三条で展示するにあたっての余談です…
これまで布でごまかし続けてきたテーブルをバラし天板の丸みかかった四辺を丸鋸で
カットした後、塗装してみました。
「ペンキ塗りたて」感をなくすため、西日の当る場所でしばらく野ざらしにしています。
数日中にそれなりの風合いになり、緑の屋外になじむことを期待して自然に任せます。

before
e0198187_16555665.jpg
after
e0198187_16561424.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2013-06-10 18:16 | 展示とお知らせ。

アンティークな雰囲気のガラスペン。

新しいガラスペン、
今日の空模様としっくりくる!
…と思いたち、おもむろにこの春手に入れた古いインク壺と一緒に写真に収めてみました。

e0198187_19424915.jpg

『アンティークな雰囲気をまとったガラスペンの先から、柔らかな太い文字がででくる。』
この色のロッドをみたときからそんなものをカタチにしたいと試行錯誤を続けていましたが、
最近、ようやく納得できるカタチにたどり着きました。

下のラインは普段の仕上げのもの、ここのところはもっぱら細字です。
上が今回のシリーズのもの、写真ではわかりにくいけど結構な太さに仕上げています。
やっぱり、セピアががった落ち着きのある色合いのインクと相性がよさそう。

e0198187_1943717.jpg

この雰囲気に合う、すてきな名前を付けてあげたいと考えています。
今月末にはお披露目できそう…?
[PR]
by moto-fuji | 2013-06-07 20:22 | つくること。

庄内クラフトフェア。

鶴岡は花冷えの週末でした。
ガラスペンの試し書きをするのにも手がかじかむ程の寒さの中、
会場にあしを運び熱心に作品をご覧くださった皆さま、
冷たい雨の中一生懸命に運営してくださったスタッフの皆さま、
ありがとうございました。

松ヶ岡の桜はほころびだしたばかりでしたが、市内は満開で
『夜桜×民謡×熱燗』の美しい春の景色に遭遇することもできました。

e0198187_1752669.jpg

使う方の意見や、久しぶりに出会う作家さんたちとの会話は常に刺激的だし、
もの作りのおかげで、土地ごとの言葉や文化にふれられることができて楽しい!!
久々のクラフトフェアに参加して、あたらめてそんなことを実感しています。



 
[PR]
by moto-fuji | 2013-04-24 18:29 | 展示とお知らせ。

4月の予定。

この春初めて鶯の鳴き声をききました。
昨年に比べ少し早い気がしますが、これを聞くといよいよ春めぐってきたと感じます。

てとひ今年初のクラフトフェア、週末は山形へ出かけます。
●4/20.21  庄内クラフトフェア

鶴岡へは縁あって毎年のように出掛けていますが、桜の季節は初めて。
色々な方と、もの、風景に出会えるのを楽しみにしています。
[PR]
by moto-fuji | 2013-04-15 10:07 | 展示とお知らせ。

3月の予定。

雪かきの筋肉痛もほぐれ、雪に落ちる影にもどことなく暖かさを感じたのも一瞬。
今日も朝からしっかり雪、降り続いています。


■3/4(月)~24日(日)  春うらら… 新しい生活展   
 カフェギャラリー ザイデンシュトラーセン
 上田市中丸子1623-1 Tel 0268-42-6673


寒い仕事場にいると″春″の実感はわかないものの、
ガラスのイベント、3年目の畑のこと、暖かな季節に向け思考をシフト中。
この冬ごもり感もきっとあと数週間、時間も景色も楽しまねば。


e0198187_1133155.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2013-02-18 12:28 | 展示とお知らせ。

手とてとひ。

e0198187_18192233.jpg
ひと月以上前のこと、沖仁さんのフラメンコギター演奏を聴きに行きました。
一人と一本のギターで一体どんな風にあの音たちを奏でているのか…
初めて沖さんの曲を知った時から、漠然とその手に興味があったので。
実際にその手と指の動きを目で追ってみたものの、結局、スポットの中の
沖さんからボロボロとこぼれてくる音とリズムを浴びているような感覚に。
自然と目を閉じ、沖さんの演奏の世界にどっぷり浸ったひとときでした。


その余韻の中ですごした年末、
どちらかといえば人やその手の動きへの興味が大きく、沖さんとギターみたく、
人と道具が一緒になったときに生まれる空気感や心地よさのことをあまり意識
していなかった自分について反省しました。


ガラスペンという道具を作っているかぎり、あらためて、それを手する人が
自分なりの心地よい空間や時間を一緒につくって欲しいという気持ちに。
その気持ちをどうやってカタチにしようか考えて、生活が刻まれた様々な人の
「手」と「てとひ」の空間を写真に収めている最近です。
[PR]
by moto-fuji | 2013-01-21 17:20 | 身辺雑記。

今日の一本。

毎日同じモノを作っていても、理想のカタチを作るって難しい。
直接手で触れて、削ったり、縮めたりできないので、痒い所に手が届かない!
という場面にあいかわらず、多々、出くわします。

その痒い部分(大体1、2mmってとこ)をなんとかしようと2時間くらい平気で経って、
結局気に入らなくて、その時間をあきらめガッシャーン!!
みたいなこともしばしばです・・・

今日の一本は、素敵です。満足です。
レントゲンみたいにしても、満足です。
e0198187_19244654.jpg

このくびれのとことか、ここのラインとか、ここの模様の感じとか、、、
この感覚を目指して繰り返す毎日でも、ときどき今日のような一本が生まれる。

自分にしかわからないこだわりで、同じモノを繰り返し作っている様は、
みる人によっちゃぁ退屈かもしれないけど、
今日のような感覚を一人でかみしめるような時間が合ってるようです。
いまさら(笑)
[PR]
by moto-fuji | 2012-10-16 19:53 | つくること。