軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

イベントのお礼と12月のショ..
at 2018-12-09 11:28
オーナメントの愉しみ方。
at 2018-11-30 10:54
ミヒャエル・ハーバーラントの..
at 2018-11-01 09:34

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 05月
2018年 04月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

10月の予定。

靴下が欠かせない陽気になってまいりました・・・
観光シーズンのピークを過ぎた軽井沢、一気に秋に突入です。

10月の予定をホームページに更新しました。 →こちら

“ガラス”というと一般的に夏の涼感を誘う素材というイメージが強いとおもいます。
ですが、私が普段から使用しているドイツのLauscha(ラウシャー)という村の
ガラス素材は、どちらかというと冬に本領発揮!! 
と個人的に感じています。

というのも、Lauschaのガラスは色がどれも素朴であたたか味があり、
形にしたときにガラスの冷たく硬質な感じがあまりありません。
もともと、この村はクリスマスツリー用のガラスオーナメントの発祥の地
として戦前まではその生産の殆どを担ってきたという歴史もあり、
寒い冬に、温かい彩りをそえるガラス作りが礎になってきたことも、
関係しているかもしれません。

10月は、北軽井沢、山梨、2件のイベント出店のほかに、素敵なギャラリー
J-fieldさんでの作品展参加も予定しています。(詳細は改めて…)
寒い季節も、ほっこり愉しめるガラス作りに励みます。

ひとまずは、今週末の北軽井沢クラフトに向けて、制作追い込みです。
[PR]
by moto-fuji | 2011-09-26 11:10 | 展示とお知らせ。