軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

イベントのお礼と12月のショ..
at 2018-12-09 11:28
オーナメントの愉しみ方。
at 2018-11-30 10:54
ミヒャエル・ハーバーラントの..
at 2018-11-01 09:34

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 05月
2018年 04月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

タグ:ガラスペン ( 53 ) タグの人気記事

近況とお知らせなど。

春の雪が積もっては融けを繰り返す、季節の変わり目。

ここ数年、この時期は大阪で10日間ほど〝突然の春”を過ごしていたこともあり、
軽井沢の冬から春への移り変わりを日々をたのしんでいます。

今年は4月から、ひと月ほどドイツへ行くことにしました。
材料の仕入れと、技術研修のためです。
できる限り仕事を納めることと現地との調整に時間を費やす毎日です。

それと、すっかりお知らせしそびれていましたが・・・
カキモリの店主広瀬さんが『隠れた名品』として趣味の文具箱vol37にてとひのガラスペンを紹介してくださいました。
Bach/小川は窯から出で来る瞬間が本当に綺麗で、毎度ひとりで感激しています。
目下、制作中ですので月内には様々な場所でご覧いただけるようになる見通しです。
どうぞよろしくお願いします。

窯出し直後のBach、美しく仕上がりそうです。
e0198187_12234682.jpg

趣味文発売中です、是非お手に。
e0198187_12235993.jpg

最後は春の日差しを感じさせるオマケ。
e0198187_12241980.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2016-03-18 10:35 | 身辺雑記。

近況。

あっという間に2月。

積もった雪はまだとけず、静か~に定番のガラスペン制作と傍らでペン先の修理など
しているこのごろです。

個人的にはひとつ年齢を重ね、色々な面で少しでも成長したいなという思いを新たにしています。
しかし、10年経ってもなかなか成長を実感できないことが・・・
手書きのドイツ語の手紙を読むこと。
ただの近況報告も、読み終えるのに時間がかかります。
それでも、文字からその人を身近に感じられるのが、手紙の嬉しいところ。

返事を考えながら、春に向けての準備をひとつずつ内側と外側から整え中・・・

e0198187_2014467.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2016-02-02 21:09 | 身辺雑記。

アウスレーゼなガラスペン。

今日、11月5日は“いい男の日”なんだそうです。

てとひではこの記念日にちなんだ、資生堂・アウスレーゼのノベルティである、
カキモリオリジナルガラスペンのデザインをさせていただきました。

アウスレーゼは“エリート”を表すドイツ語。
ドイツ、ラウシャ村の材料を使って仕事をしている者としては、そういったご縁もとても嬉しく感じます。

今回のガラスペンは、カキモリさんのオリジナルガラスペン →こちら に比べ、
男性用に少し長めの約15.5mm。
軸のカラーはアウスレーゼのボトルカラーをイメージしたシックなグリーンを用いました。
またペン先と軸の間に、細く黒いラインを入ることにより、何色のインクを使っても美しく引き締まった
印象になりますが、特にクラシックな濃い色合いのインクとの相性がよい一本です。

e0198187_20223085.jpg
※今回のオリジナルガラスペンに関しては、私がデザインし制作したマスターピースを基に
  ラウシャのガラス職人が制作したものとなります。

資生堂・アウスレーゼブランドサイトに作り手としてのインタビューなども掲載されていますので、
ご覧いただけると幸いです。

“いい男”の皆さま、是非オリジナルガラスペンにご応募下さい!
[PR]
by moto-fuji | 2015-11-05 21:02 | メディア掲載。

オーダーガラスペン、色々。

8月、お盆の季節を向え軽井沢はいっそうにぎやかです。
私はといえば、極力そんな喧騒を避けたいものでいつもどおり仕事をしています。

普段は、各お店にお届けする定番のペンを作ることがほとんどなのですが、
このところ“こんな感じのガラスペンが欲しい”といったご要望にお応えする仕事が続きました。
直接お会いして、手の形や癖、その方の持つ雰囲気などに触れると
自然と使い手になじむガラスペンに仕上がってくれることが多く、とっても不思議です。


エレガントで清々しいカタチに仕上がった一本、
仕上がりを見た瞬間、ご本人そのものといった雰囲気をまとっていて嬉しくなりました。
e0198187_11365063.jpg


青と紫が織り成す静かで深い色調の2本は、共同で創作活動をされている方々からのご依頼。
それぞれが調和した双子のような、ガラスペンとなりました。
e0198187_11371547.jpg
オーダーの場合どうしても制作に時間がかかりますが、新鮮な感覚や発見の時間でもあります。
ご依頼いただいた皆様、ありがとうございました!
[PR]
by moto-fuji | 2015-08-14 12:40 | つくること。

ウェディングギフト。

夏らしい一日となった週末の軽井沢、
これからまさにお式を挙げるカップルや参列者ででにぎわうホテルブレストンコートまで納品へ。
軽井沢高原教会、石の教会内村鑑三記念堂など、美しいチャペルを有し
訪れるだけで清々しい気持ちになる個人的にも大好きな場所です。

今回うれしいことに、このホテルで挙式をされる方のご両親への贈り物のひとつとして
オリジナルのガラスペンを作らせていただくことになりました。
まだ雪の残る季節にお話をいただき、それぞれのチャペルや軽井沢ならではの挙式
をイメージした3本がカタチとなりました。

ウェディングギフトのお仕事は初めてのことで、
一本一本に心をこめて作らせていただけることに何ともいえない喜びを感じます。

e0198187_1914218.jpg
軽井沢の自然に包まれたウェディングをイメージ


e0198187_192282.jpg
歴史を感じる高原教会のクラシックな雰囲気をイメージ


e0198187_193364.jpg
石の教会の静謐な空間を流れる水の音をイメージ


軽井沢での結婚式の素敵な記念となれば嬉しいです。
[PR]
by moto-fuji | 2015-07-25 20:26 | つくること。

新規お取扱店のお知らせ。

今春オープンした“梅田蔦屋書店”にて
てとひのガラスペンをご覧いただけるようになりました。

”ガラスペン”とはじめて出会う方も多い場所かと思います。
作り手としては、はじめての場所に旅立つ前のような気持ちで送り出しましたが、
生活の中のちょっとした喜びに繋がるようなものになると嬉しいです。

お近くの方は、是非足を運んでみてください。


今日の軽井沢も暑くなりそうです。

e0198187_10222980.jpg





[PR]
by moto-fuji | 2015-07-15 10:14 | 展示とお知らせ。

『したためる』展。

軽井沢は梅雨らしい一日となりました。
本日から3日間、軽井沢の美と葉さんでの展示が始まっています。

てとひからは、初夏の季節を爽やかに彩るHimmel(ヒメル)シリーズの新色、あさぎと紫。
e0198187_19232613.jpg

今回もご一緒させていただく、スティロアート軽井沢さんの木軸万年筆。
どれも思わず触れたくなる、美しさです。
e0198187_19234678.jpg
明日20日、13:00~15:00までは書道家の宮崎美香先生によるペン習字教室も開催されます。
この機会に是非、万年筆&ガラスペンで気持ちが伝わる手書きの楽しさを感じていただけると嬉しいです。
お近くの方、お時間ある方は是非お気軽にお出かけ下さい。
会場にてお待ちしております。
[PR]
by moto-fuji | 2015-06-19 20:08 | 展示とお知らせ。

ラウシャのガラスペン&展示会のお知らせ。

暑い日が続いたかと思えば、この週末は肌寒く思わずストーブを点けました。
梅雨入間近といった空模様の軽井沢です。

さて、しばらくぶりのBlog更新はお知らせ色々・・・

まずは、ラウシャの職人とコラボした“カキモリのオリジナルガラスペン”が
先月より発売となりました! → こちら
昨年末から蔵前のカキモリさん、ラウシャの職人と打ち合わせを重ね、半年・・・
ラウシャ村のガラスの美しさと職人の力を借り、
カキモリさんのお店になじむようなポップだけどちょっと懐かしい、
そんな雰囲気のガラスペンに仕上がりました。
是非、店頭でお手にとってみて下さい。


続いては、軽井沢での展示販売会のお知らせです。
今年も、スティロアート軽井沢さんとの2人展を開催します。
『したためる展』-初夏の軽井沢で『書く』をたのしむ- → こちら

ガラスならではの透明感を生かした新作、Rauch/煙シリーズも登場します。
会期は6/19-21の3日間となりますが、ご覧いただけると幸いです。

e0198187_18224525.jpg

最近は、とても素直にガラスが伸びてくれる感覚が続いています。
この調子で6月、がんばります!
[PR]
by moto-fuji | 2015-06-07 19:44 | 展示とお知らせ。

掲載情報。

『季刊 チルチンびと』 にて、てとひの仕事について掲載していただきました。

scrambleというコーナーの小さな記事ですが、ラウシャのことを含めご紹介させて
いただきましたので、手にとっていただけると嬉しいです。

ラウシャとの縁ができて10年目の今年、少しずつではありますが、このようなカタチで
村のことを発信できる機会をいただけるのは、本当にありがたいことです!
実はこの冬の間、静かに進行中だったラウシャの職人との仕事がありまして、
そちらももうすぐ詳細をお知らせできそうです。
一人でわくわく・・・春な気分です。

e0198187_1249131.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2015-03-11 20:46 | メディア掲載。

春に向け。

2月の工房、様々な企画が同時進行中・・・
ざわつく頭を整理しながら春に向け、
ひとつひとつカタチにして皆さまにご紹介できるようがんばります。

年始より開催されておりました、シュタイネさんでの企画展も本日と来週末、
残すところ4日間となりました。お近くの方は、是非お立ち寄り下さい。

HPにて、春以降のイベント情報も更新しました。 → こちら
3月は昨年に続き、大阪へお邪魔します。


e0198187_10105359.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2015-02-22 11:14 | 展示とお知らせ。