軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

イベントのお礼と12月のショ..
at 2018-12-09 11:28
オーナメントの愉しみ方。
at 2018-11-30 10:54
ミヒャエル・ハーバーラントの..
at 2018-11-01 09:34

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 05月
2018年 04月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

タグ:ガラスペン ( 53 ) タグの人気記事

Reise/旅 box と展示風景。

現在開催中、
冬のシュタイネ 静かな時間 の展示風景をご紹介します。


e0198187_7412255.jpg

今回は、"Reise/旅 box" が新登場、小ぶりのガラスペンとインクのセットです。
ラウシャという小さな村からやってきたガラスの材料たちが、ガラスペンとなったことで
ラウシャ - 軽井沢 - シュタイネ - 手にした誰か… その先へと続く
Reise/旅が素敵な運命であるように、という願いをこめました。

e0198187_749458.jpg

インクはノスタルジックなラウシャの街の雰囲気をイメージした、
てとひのオリジナルカラー、"Lauscha"(ラウシャ)です。
蔵前にあるカキモリさんにご協力いただきました。

e0198187_7495790.jpg


e0198187_749216.jpg


e0198187_8342698.jpg

ヨーロッパの教会をイメージして建てられたシュタイネさんの空間に於いてガラスたちは、
より静謐さをまとったように感じられます。
展示会ごとのテーマにあわせたブレンド珈琲も静かな時間の楽しみです。

お時間があれば是非、冬の安曇野へ足を運んでみてください。
[PR]
by moto-fuji | 2015-01-10 08:30 | 展示とお知らせ。

あけましておめでとうございます。

今年はガラスペンに出会い10年となります。
日々の仕事の中で、閃いたことをより具体的にカタチにできる
1年にしていきたいと考えています。

さて、安曇野シュタイネさんでのグループ展が本日よりスタートです。
初日の今日は、終日在廊します。
同じく出会って10年となるLauscha(ラウシャ)の村をイメージした
新作もあります。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

e0198187_6133688.jpg
Lauscha/エルンスタール、冬の牧草地帯
[PR]
by moto-fuji | 2015-01-03 05:54 | 展示とお知らせ。

2015年の展示会。

2015.1/3より、安曇野のギャラリー・シュタイネにて
『冬のシュタイネ 静かな時間』 はじまります。
2/28までの会期中、金、土、日、祝日のオープンとなります。


e0198187_7452034.jpg


昨年に続いて、2回目の『冬のシュタイネ』への出展です。
ガラスペンのこと、Lauschaのこと、一人でも多くの方に知っていただける機会と
なれば嬉しいです。

是非ご高覧ください。
[PR]
by moto-fuji | 2014-12-23 07:51 | 展示とお知らせ。

自由自在に!

ガラスペンを手にしてくださった方々から、
いつも色々なカタチで使った喜びをわけていただきます。
言葉だったり、お手紙だったり、Faxだったり・・・


この夏にお届けした一本で、画家の柳井貴光さんが描いて下さった水彩の“シンビジウム”。
ガラスペンのみで、こんなにも芳しく、優しく表現していただけるなんて!

e0198187_22452132.jpg

使ってくださる方がそうであるように、私も軽やかに、自在にペン作りと向き合いたい。
そんな風に思わせてくれた一枚に、ありがとう!
[PR]
by moto-fuji | 2014-10-23 23:18 | つかうこと。

美しき家内制手工業。

今日は打ち合わせのため、伊那市へ出かけてきました。

車で2時間ちょっとの距離ですが、そのまま帰るもの・・・と思っていたところ、
偶然にも伊那にある美しいノートの美篶堂さんの工房で製品を購入できることを
知りました。

目的地への地図を眺めながら、その印象的な名称が土地名に由来している事が
妙に清々しく感じて、わくわくしながら車を走らせます。
伊那谷の東側、明るい田園が広がる台地に工房はありました。

e0198187_23105658.jpg


工房内には何人もの職人さんが黙々と、でも明るく仕事をしていました。
机に山積みの材料、人の手から手へ流れ、確実に完成へ近づいていくモノたち。

こういう景色を見たのはラウシャのガラス工房以来です!
中学の頃に教科書に載っていた『家内制手工業』の挿絵の情景が目の前に表れ、
一瞬で前頭葉のあたりが熱くなり、その雰囲気に魅了されていました!

e0198187_23121086.jpg
ちなみに2種類の紙質があり、いずれもガラスペンとの触感・インクの表情が楽しめます。
帰宅して一息ついた今も、手もとにやってきた冊子たちが一層愛しく感じられます。
毎日ぶっ通しで制作していた日々に、思いがけず少しの夏休みをもらえたような充足感!
素敵な時間をありがとうございました。


追伸:週末にはワークショップも行うとのとこ。
   きっときっと、素敵な時間がすごせると思いますよ!
[PR]
by moto-fuji | 2014-08-20 00:37 | 身辺雑記。

ショールーム、近況。

梅雨が明け、軽井沢でも暑い日が続いています。


7月も後半ですが、すっかり放置していたショールムの件。
ようやく壁の漆喰を全て塗り終えました!
(時間的にどうしようもなくなり3連休だった夫にほぼ任せました、ありがとう。)

仕事場は連日35℃ほど・・・
炎が揺らぐため扇風機なども使えないので地味に過酷ですが、
短い夏の間に色々とカタチにできるよう、なんとか乗り切っていきます。

e0198187_20154284.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2014-07-24 21:16 | つくること。

ご来場ありがとうございました。

スティロアート軽井沢の数野さんとの2人展、無事終了いたしました。
遠くから足を運んでくださった方もいて、本当に嬉しかったです。

大人も子どももひとつのテーブルを囲み、
万年筆やガラスペンが小さな手から大きな手へ・・・
次々に卓上を行き交う光景は今回のハイライトのひとつ。

楽しい3日間を、皆さまありがとうございました。

e0198187_19402943.jpg
e0198187_19534661.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2014-07-01 20:51 | 展示とお知らせ。

したためる展。

今週、金曜より3日間です。
久しぶりの軽井沢での展示は、手作り万年筆のスティロアート軽井沢さんとの2人展です。
スティロアートさんの万年筆は書く行為を軽やかに、楽しくしてくれる、そんな道具。
ガラスペンとはまた違った魅力がありご一緒するのがいつも楽しみです。

インクで書くって、いいものだな。

改めてそんな風に感じていただける機会になれば、と思っています。
3日間、会場にて待ちしております!

e0198187_945049.jpg

===============================================================

BITOHAエフェクト・アート&デザイン(旧KIGIギャラリー)→ リンク
6/27fri.-29sun. open 10:30-17:30

===============================================================
[PR]
by moto-fuji | 2014-06-23 10:22 | 展示とお知らせ。

紙一枚。

6月はずっとBach/小川シリーズをつくっています。
この季節に、淡い色調のインクとあわせて手にしたくなる一本だと感じていて、
特に雨音を聞きながらの制作は、一本ごとにそんな思いも自然と宿る気さえします。

ところで、先日素敵な紙との出会いがありました。

シルクの布に文字を書くような、ペン先の言葉がすっと包みこまれるような・・・
はじめての感覚の和紙です。
手漉きの紙一枚の個性で文字の雰囲気やペン先の感覚、
そして自分の気持ちが“わ”っと変化する驚き。

ガラスペン×インク×紙を季節や気分にあわせてあれこれ・・・
よく「文字を書くことがなくなった。」という声を耳にしますが、
だからこそ、こんな組み合わせを考える贅沢もあっていいのかな。

e0198187_1353934.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2014-06-15 23:58 | つかうこと。

お取扱店のお知らせ。

このたびご縁があり、大阪・心斎橋にある-ペンラウンジIr Sunrise-さんにて
てとひのガラスペンをお取り扱いいただけることになりました。

月曜、わくわくしながら納品へ。

路地に面したガラス張りの店舗、
すぐにかっこいいペンのロゴが目に入ってきました。
e0198187_1831853.jpg

半地価の店舗へ続く階段を下りると、どっしりとした木枠の扉。
否応なしに視線が中へ誘われます。
e0198187_18314199.jpg

・・・わー!!
e0198187_1833560.jpg
一歩足を踏み入れると白を基調とした、ゆったりした筆記具の世界が広がります。
まさに大人の空間!

真心こめて品物に接してくださるスタッフの皆さん、
書くことを愉しむ道具にゆったりひたれる空間、
てとひのガラスペンも、ひとつひとつ手にとって書きここちを体感していただけます。

『書く』という日常の出来事を、色々な角度から楽しませてくれるお店です。
またひとつ、気持ちがぐっと引きしまるお店との出会いが増え、喜びと同時に
みなさんが“はっ”とするような仕事をしていきたいと改めて思います。

---------------------------------------------------------------------
ペンラウンジ Ir Sunrise HP http://ir-sunrise.jp
心斎橋駅より徒歩1分です!
---------------------------------------------------------------------
[PR]
by moto-fuji | 2014-05-22 21:04 | 展示とお知らせ。