軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新の記事

イベントのお礼と12月のショ..
at 2018-12-09 11:28
オーナメントの愉しみ方。
at 2018-11-30 10:54
ミヒャエル・ハーバーラントの..
at 2018-11-01 09:34

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 05月
2018年 04月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

タグ:ガラスペン ( 53 ) タグの人気記事

3月の予定。

雪かきの筋肉痛もほぐれ、雪に落ちる影にもどことなく暖かさを感じたのも一瞬。
今日も朝からしっかり雪、降り続いています。


■3/4(月)~24日(日)  春うらら… 新しい生活展   
 カフェギャラリー ザイデンシュトラーセン
 上田市中丸子1623-1 Tel 0268-42-6673


寒い仕事場にいると″春″の実感はわかないものの、
ガラスのイベント、3年目の畑のこと、暖かな季節に向け思考をシフト中。
この冬ごもり感もきっとあと数週間、時間も景色も楽しまねば。


e0198187_1133155.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2013-02-18 12:28 | 展示とお知らせ。

手とてとひ。

e0198187_18192233.jpg
ひと月以上前のこと、沖仁さんのフラメンコギター演奏を聴きに行きました。
一人と一本のギターで一体どんな風にあの音たちを奏でているのか…
初めて沖さんの曲を知った時から、漠然とその手に興味があったので。
実際にその手と指の動きを目で追ってみたものの、結局、スポットの中の
沖さんからボロボロとこぼれてくる音とリズムを浴びているような感覚に。
自然と目を閉じ、沖さんの演奏の世界にどっぷり浸ったひとときでした。


その余韻の中ですごした年末、
どちらかといえば人やその手の動きへの興味が大きく、沖さんとギターみたく、
人と道具が一緒になったときに生まれる空気感や心地よさのことをあまり意識
していなかった自分について反省しました。


ガラスペンという道具を作っているかぎり、あらためて、それを手する人が
自分なりの心地よい空間や時間を一緒につくって欲しいという気持ちに。
その気持ちをどうやってカタチにしようか考えて、生活が刻まれた様々な人の
「手」と「てとひ」の空間を写真に収めている最近です。
[PR]
by moto-fuji | 2013-01-21 17:20 | 身辺雑記。

今日の一本。

毎日同じモノを作っていても、理想のカタチを作るって難しい。
直接手で触れて、削ったり、縮めたりできないので、痒い所に手が届かない!
という場面にあいかわらず、多々、出くわします。

その痒い部分(大体1、2mmってとこ)をなんとかしようと2時間くらい平気で経って、
結局気に入らなくて、その時間をあきらめガッシャーン!!
みたいなこともしばしばです・・・

今日の一本は、素敵です。満足です。
レントゲンみたいにしても、満足です。
e0198187_19244654.jpg

このくびれのとことか、ここのラインとか、ここの模様の感じとか、、、
この感覚を目指して繰り返す毎日でも、ときどき今日のような一本が生まれる。

自分にしかわからないこだわりで、同じモノを繰り返し作っている様は、
みる人によっちゃぁ退屈かもしれないけど、
今日のような感覚を一人でかみしめるような時間が合ってるようです。
いまさら(笑)
[PR]
by moto-fuji | 2012-10-16 19:53 | つくること。