軽井沢の小さなガラス工房  『てとひ』、きまぐれ雑記。


by moto-fuji

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新の記事

2018年、ショールームオー..
at 2018-04-18 23:24
春のこと。
at 2018-03-31 20:36
年始は冬のシュタイネから。
at 2017-12-30 17:59

カテゴリ

つくること。
つかうこと。
たのしむこと。
展示とお知らせ。
メディア掲載。
身辺雑記。
Lauscha見聞録。

以前の記事

2018年 04月
2018年 03月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 05月
more...

リンク

フォロー中のブログ

Glass Ten St...
Glassworks-S...
アミグルミ★ナオグルミ

その他のジャンル

ファン

ブログジャンル

30代
アーティスト

タグ

画像一覧

タグ:ラウシャ ( 10 ) タグの人気記事

春のこと。

3月最終日、穏やかな春の一日となりました。

おかげさまで、伊勢丹新宿店での催事を無事終えることができ
再び浅間山と猫と仕事場のある、いつもの場所に戻ってまいりました。

伊勢丹での一週間は、普段こもりがちな私にとってはやはり、大変刺激満ちた毎日で
改めてモノづくりへの姿勢や、これからの表現方法などを考える機会となりました。
お買い求めいただい方々、展示の前で足を止めて思い思いの感想を述べてくださった皆様、
本当にありがとうございました。

東京は桜が満開でしたが、軽井沢はこれから一斉に草花が芽吹き、本格的な春を迎えます。
てとひのショールームも、4月末よりオープン予定です。
今シーズンはよりガラスペンとラウシャへの思いを発信できる場所にしたいと考えています。
まずは東京でいただいたエネルギーを糧に、明後日からドイツへ材料調達に行ってきます。

新緑の季節に、新たな作品をご紹介できることを楽しみにしています。


e0198187_19442440.jpg

[PR]
by moto-fuji | 2018-03-31 20:36 | 身辺雑記。

『これだけで、幸せ』展。

作家の小川糸さんが上梓された『これだけで、幸せ』(講談社)。
ここで紹介されている、ものとの付き合い方に触れる展示会が明日3/26(土)~4/11(月)まで
目黒区の駒沢住宅・ギャラリー櫟にて開催されます。

小川さんは〝さらさらとガラスペンを走らせて文字を書く感覚が好きです。”と本の中で語られています。
お礼状を書くときは、いつもガラスペンでとのこと。
そんなご縁から、今回この展示会の中でてとひのガラスペンを紹介していただけることとなりました。

私の小川糸さんとの一方的な出会いは、たまたま目にした新聞記事。
それから、あれも!これも?と小川さんの文章に触れる機会があり、
ギャラリーの方からこの企画のおはなしを頂いたときはちょっと驚きました。
一人でも多くの方に、ガラスペンの魅力が(欲を言えばラウシャのことも)伝わればうれしいです。

小川さんと一緒に愉しむイベントも企画されているとのこと。
お近くの方はぜひ!

e0198187_19553798.jpg
定番のLuft(ルフト)にラウシャの村の雰囲気を閉じ込めた、〝ノスタルジー”シリーズ。
来月久々に訪れることを楽しみにしていたら、無性にそんなものを作りたくなりました。

e0198187_130840.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2016-03-25 21:10 | 展示とお知らせ。

Merry Christmas!

12月、一年のうちでいちばん手書きで思いを伝えたくなるひと月ではないでしょうか。
その道具として、ガラスペンを選んでくれる方が増えているようで嬉しいです。

一人で仕事場にいる時間が長くなる毎日ですが、ちょっとした出会いやモノに刺激を受ける
機会に恵まれ、年明けの展示会に向け制作の追い込み中です。

この時期らしいことは何一つ出来ていませんが、オリーブの枝にラウシャのオーナメントを飾り眺めています。

よいクリスマスの一日を。

e0198187_10173654.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2015-12-25 10:42 | 身辺雑記。

職人のバカンス。

久しぶりの更新となってしまいました。

ドイツのガラス工房で知り合い、10年来のお付き合いとなるラウシャのガラス職人が
我が家にやってきた!

3週間の滞在中、作業用のメガネを持参した彼、ときどき私の仕事場をジャック。
(バカンス中でも、ちょっとガラスに触れたかったそうな。)
たくさんのビールと親切な友人たちに触れ、日本でのバカンスを満喫して帰っていきました。

e0198187_1951305.jpg

私自身は、通訳とアテンドから解放されまして・・・
ようやくいつもの調子で仕事が出来始めています。
[PR]
by moto-fuji | 2015-05-12 20:30 | 身辺雑記。

掲載情報。

『季刊 チルチンびと』 にて、てとひの仕事について掲載していただきました。

scrambleというコーナーの小さな記事ですが、ラウシャのことを含めご紹介させて
いただきましたので、手にとっていただけると嬉しいです。

ラウシャとの縁ができて10年目の今年、少しずつではありますが、このようなカタチで
村のことを発信できる機会をいただけるのは、本当にありがたいことです!
実はこの冬の間、静かに進行中だったラウシャの職人との仕事がありまして、
そちらももうすぐ詳細をお知らせできそうです。
一人でわくわく・・・春な気分です。

e0198187_1249131.jpg
[PR]
by moto-fuji | 2015-03-11 20:46 | メディア掲載。

あけましておめでとうございます。

今年はガラスペンに出会い10年となります。
日々の仕事の中で、閃いたことをより具体的にカタチにできる
1年にしていきたいと考えています。

さて、安曇野シュタイネさんでのグループ展が本日よりスタートです。
初日の今日は、終日在廊します。
同じく出会って10年となるLauscha(ラウシャ)の村をイメージした
新作もあります。


本年もどうぞよろしくお願いいたします。

e0198187_6133688.jpg
Lauscha/エルンスタール、冬の牧草地帯
[PR]
by moto-fuji | 2015-01-03 05:54 | 展示とお知らせ。

書きくらべ。

気がつけば仕事場のカレンダーも11月へ。
年内のイベントもひと通り済み、注文品や来春に向けて
相変わらずガラスペン、つくってます。

e0198187_2201071.jpg


デザインやバランスはもちろん、ここのところは特に書きごごちの良さと
“細くながーく”をポイントにペン先調整に時間を費やしています。
一度インクにつけると『あ』が280文字、ストレスなく書けます。

e0198187_2204219.jpg


“しょっちゅうインクをつけないといけない”面倒なもの。
ではなくラウシャのガラスで作るてとひのガラスペンが実用品として
愛されるものになるよう育てていけたらな~。
[PR]
by moto-fuji | 2013-10-31 23:51 | つくること。

アンティークな雰囲気のガラスペン。

新しいガラスペン、
今日の空模様としっくりくる!
…と思いたち、おもむろにこの春手に入れた古いインク壺と一緒に写真に収めてみました。

e0198187_19424915.jpg

『アンティークな雰囲気をまとったガラスペンの先から、柔らかな太い文字がででくる。』
この色のロッドをみたときからそんなものをカタチにしたいと試行錯誤を続けていましたが、
最近、ようやく納得できるカタチにたどり着きました。

下のラインは普段の仕上げのもの、ここのところはもっぱら細字です。
上が今回のシリーズのもの、写真ではわかりにくいけど結構な太さに仕上げています。
やっぱり、セピアががった落ち着きのある色合いのインクと相性がよさそう。

e0198187_1943717.jpg

この雰囲気に合う、すてきな名前を付けてあげたいと考えています。
今月末にはお披露目できそう…?
[PR]
by moto-fuji | 2013-06-07 20:22 | つくること。

・6話『Lauschaの娯楽。』

前回まで村のガラスのこと職人さんのことを綴ってきたLauscha見聞録ですが、
今回から数回、村人や私自身の職業からはなれた時間の過ごし方や食べもの
のことについて書こうと思います。

ドイツの都市部とは異なる日常や食も、私にとっては小さな村と人の魅力を
きわだたせてくれるものでした。
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『じゃ、このあと○○時にKegelbahn集合で!』


間借りしていた家から真っ直ぐに坂を下ること、約10分。
旧東時代には器械体操の練習場として使われていた古びた白い小屋の場所を示します。
週1くらいのペースであしを運んでいただろうか?

Lauschaでの日常の娯楽スポットといえば・・・
映画館や劇場なんかのおおきな施設ではなく、片手で納まる数のいくつかの酒場か
みんなから“Kegelbahn(ケーゲルバーン)”と呼ばれているKegel(ケーゲル)場。
Kegel はこの地方で盛んなボーリングに似たスポーツのこと。


e0198187_17474015.jpg入口の扉を開けると使われなく
なった古い練習器具が向かいの
壁越しにのぞくという、レトロ
でちょっと不思議な空間。
中では穏やかなローターとウルセル
夫妻が迎えてくれます。

ウルセル(左)は元小学校教諭で、
今も何かと村のみんなの良き相談
相手でもあるお方。
いろいろお世話になりました。

e0198187_21584384.jpgここは村で数少ない複合
レジャー施設みたいなもので
昼間はカフェとして、
夕方からは酒場として、
サッカーのビッグマッチがある
時等は、スクリーンが登場して
スポーツバーとしての機能も
併せてもっています。

2006年、ドイツワールドカップ
の時は盛り上がりました。

e0198187_1734283.jpgここのレーンは2本のみ。

ボーリングの玉より一回りちいさな
ボールには穴が無く、手のひらで抱え
持つようにして投げるのと、ピンが
9本というのがボーリングとの違い。
倒れたピンは上部につながっている
ヒモが、ガガガーっと巻き上がって
なんとなく元の位置に戻る、
という簡単な仕組みになっています。

村にはここを含め2か所、お酒や軽食とともにKegelを楽しめる施設があります。
薬局とかパン屋とかスーパーはひとつずつでした。
3600人程という村の人口を考えると…
このスポーツがいかに村人に愛されているのかわかります。(笑)

私は下手だったので、Kegelのアナログな感じと、この小さな空間がゲームで
アツくなる様子をビール片手に眺める方が好きでした。
新しいこと、話題性があること、モノにあふれていること、そういったことに
敏感でいつづけることより、その人たちなりの愉しみを大切にしている暮らしぶりは
あこがれでもあります。
[PR]
by moto-fuji | 2013-02-25 23:09 | Lauscha見聞録。

・5話『Lauscha職人の仕事机。』

初めてドイツでお世話になった工房のボスFは本当に几帳面で、
「よい仕事をするために、作業スペースは常に整理整頓しておきなさい。」と、
常々言われていました。実際、彼の作品は丁寧できっちりした印象のものが多かった。

Lauschaの職人たちの仕事場も生みだす作品とリンクするように、それぞれ印象的。
今回はお邪魔したいくつかの職人たちの仕事場を、特に向き合う時間が一番長いであろう
仕事机を中心にして、紹介します。
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
Lauschaのガラス工芸を代表する技法は特別に広いスペースを必要としません。

月から金曜、毎日ほぼ決まった時間にバーナーが設置された机に向かい、
決まったペースで仕事と休憩を繰り返す。(例外もいるけれど…)
向かい合うその机の広さが職人たちの仕事場で、机上の道具や作品から時間や想いが
漂ってくるような気さえします。


e0198187_15464987.jpg*義眼職人の机

普通の会社のオフィスのような空間に
5つくらいの机が整然と配置されていて、
医療用の精密さを求められるだけに、
常に整理整頓が行き届いている印象。

ちなみに、
BGMはアンテナチューリンゲン(ラジオ)。
e0198187_15471465.jpg*マイスターB氏の机

B氏の作品は、自然のモチーフを
そのままガラスで表現したもの。
その緻密さには衝撃を受けました。
さぞや整った机と集中できる空間で制作
していることだろう。と思いきや…
ぬいぐるみ用の義眼職人の奥様とシェア。

おまけにラジオとテレビをつけっ放し。
もう体が完全に仕事を覚えてる証し。
e0198187_15473738.jpg*ラジオメーター職人の机

伺った日は土曜日で、お仕事はお休み。

白い髭を蓄えたおじいさんが何十年も
仕事をしてきた机。
無駄なものがなくて、使いたい時に
すぐに手に届く場所に道具がある。
次の仕事がいつも気持ちよく始められる
ように整えられた机は、気持ちのよい
その人そのもの。
一番目指したいと感じるものでした。

仕事をするときは、BGM無しだそう。

e0198187_15475265.jpg*異彩J氏の机

美術館などで展示するための
過去のマイスター作品のレプリカを
数多く制作しているJ氏の机。
この小さなバーナーから、
高さ40~50cmもの作品を生みだす
テクニックをお持ちのイケメン。

本人いわく、音楽と酒が好きで…
頼まれないと仕事をしないらしい
のですが。(笑)

大音量のBGM(当然ロック)と
山積みのガラス屑の机にタンクトップ
一枚で躍動的に仕事をする彼の姿は、
完全にライブを観て味わうその感覚
と同じ。


今年も残すところ僅かとなりましたが…
私の仕事場の机はまだ片付かないままでいます。
とりとめもなく書きつづる見聞録共々、来年はきちんと整理してゆこうと思うばかり。
2013年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by moto-fuji | 2012-12-31 15:11 | Lauscha見聞録。